ドローン撮影

知る人ぞ知る!青森のドローン空撮スポット10選。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蔦沼

ドローン空撮において、さまざまなシュチュエーションでの撮影があるかと思います。青森県では、今が旬の雪景色が最高に美しい場所となっております。

山から見る景色や湖、沼などの大自然が絶景スポットとなっており、喉かな町ということもあり自然の動物もたくさん生息していることから、空撮の際にはそのときしかできない撮影が可能なこともポイントかと思います。

また季節によっても変わった見え方をするのも特徴で、冬になると秋の紅葉や春の生い茂る緑とは、違った楽しみができるような場所です。

青森県でしか見られない撮影に適した場所のご紹介をさせて頂きます。ドローン空撮時の参考にして頂ければ幸いです。

ドローン空撮にあたり、飛行禁止エリア以外であってもフライトする現場の所有者や関係各所の許可を得てフライトするようにしてください。

※飛行禁止エリア外の場合でも、所有者・施設管理者の空撮許可は必須です。また場所によっては国土交通省の申請が必要な場合がございますので、ドローン空撮の際は、ご注意頂ければと思います。

1. 青森県のドローン空撮おすすめポイント 

1−1. 八甲田 樹氷

  • 景観5段階評価 5
  • 時期        年中  
  • 時間帯     朝 日中 夕方  
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県青森市
  • 確認場所 青森県 観光国際戦略局

八甲田山(はっこうださん)は、青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つです。八甲田といえば明治35年に起こった旧陸軍歩兵第5連隊の雪中行軍遭難事故で全国的に有名ですが、実は知る人ぞ知る美しい冬の景観ではずせないのがこの樹氷です。

もともと八甲田には多くの針葉樹「アオモリトドマツ」が自生しており、冬になるとその木に霧状の水滴がぶつかりその衝撃で凍結・付着した状態のことを樹氷と呼び、 中でも完全に樹氷で覆われたものは「スノーモンスタ―」と呼ばれ、この景観目当てに毎年多くファンが撮影に訪れます。

ドローン空撮のポイントとしては、山頂から最も樹氷が多い前岳方面へ飛行させれば、遠く陸奥湾までも が見渡せる大パノラマの中で冬季の限られた間しか見られない貴重な樹氷群が撮影できます。

雪が深く足元が悪いので、近くまで行かなくても鮮明な映像が撮影できるドローンには最適な撮影スポット です。遮る物がないので天候が良ければ津軽富士をはじめ、津軽半島全体が空撮出来ますのでぜひ 足を運んでみてください。

飛行禁止区域ではありませんが、冬季の八甲田山は雪量も多いので滑落等には十分注意して下さい。 また、山頂までは八甲田ロープウェーで片道10分ほどで行くことができます。

八甲田
出典:アプティネット

1−2. 暗門の滝

  • 景観5段階評価  4
  • 時期      年中
  • 時間帯     朝 昼
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県中津軽郡西目屋村川原平

暗門滝(あんもんのたき)は青森県中津軽郡西目屋村に位置する滝で3つの滝から構成され、最大落差は40メートル 近くにもなり、また付近一帯はけわしい岩壁に囲まれ、ブナ・松などの老樹が生い茂り白神山地の原生林が広がります。

ドローン空撮では水面すれすれの位置から滝の上段まで垂直に上昇させていくのがポイントです。 ほぼ垂直に流れ落ちる圧巻の水量と周囲の雄大な自然が一望できおススメです。

また周辺には温泉が点在しており冬季の撮影時には冷えた身体を温められるので、 お出掛けの際には立ち寄ってみても良いかもしれません。 注意点としては滑りやすい場所も多いので、転倒・滑落等には十分ご注意ください。

暗門の滝
出典:
白神山地.JP

1−3.十和田湖

  • 景観5段階評価  5
  • 時期       年中
  • 時間帯     朝 日中 夕方
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県十和田市

十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市、秋田県小坂町にまたがる湖で約20万年前に始まった火山活動により形成されたカルデラ湖です。

カルデラ湖とは噴火によってできた窪みにに長い年月をかけて雨水が貯まって出来たもので、 水深は御倉半島と中山半島に挟まれた中湖では327mを示し、日本では第3位の深さがあります。

冬の十和田湖の空撮ポイントとしては、御倉半島と中山半島のちょうど真ん中に位置する瞰湖台(かんこだい)から ドローンを飛行させれば十和田湖全体が見わたせ、一面雪と氷に覆われた神秘的な景観が撮影できることと思います。

また冬季の十和田湖では、毎年2月に「雪月花」をテーマとした雪と氷の祭典イベントも開催され、 花火や幻想的なライトアップショーも行われていますので、これからのシーズンでは撮影の間の楽しみとして立ち寄れる のも醍醐味です。

撮影禁止区域ではありませんが、瞰湖台までの道は細く、冬場は凍結の恐れもありますので、 お出掛けの際にはくれぐれもご注意ください。

十和田湖
出典:Cite.ブログ

1−4奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)

  • 景観5段階評価  5
  • 時期        年中  
  • 時間帯     朝 日中 夕方  
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県十和田市奥瀬  

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流で、 十和田八幡平国立公園の中にあり十和田湖から流出する唯一の河川です。

十和田湖の子ノロから焼山までの流れが、 四季を通して美しく、また遊歩道が整備され渓流沿いにはいくつもの滝が点在しており十和田湖周辺の欠かせないポイントの一つです。

ドローン空撮のポイントとしては、奥入瀬渓流の数ある滝の中でも特に銚子大滝がおススメです。

幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇るこの滝は奥入瀬の本流にかかる奥入瀬渓流最大の滝で、かつては奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、 魚止めの滝でした。

新緑の頃には雄大な景観の銚子大滝ですが、冬季には滝全体を覆うように氷の氷柱ができ、 神秘的な美しさですのでぜひ映像に収めてみてください。

注意点としては、水辺が近いので足元が滑りやすくなっているところもあり冬場は渓流の上に 雪が積もっている場合もありますので、転倒・滑落には十分ご注意ください。

奥入瀬渓流
出典:JAPAN47

1−5.青池

  • 景観5段階評価 5
  • 時期       年中
  • 時間帯     晴天時 日中
  • 国交省許可申請 不要
  • 住所 青森県西津軽郡岩崎村

青池(あおいけ)は青森県の西側・白神山地にある十二湖(じゅうにこ)という湖が多く集まったエリア内の湖の一つです。

十二湖とは、青森県側の白神山地西部に位置するブナ林に囲まれた33の湖沼群で、江戸時代に発生した大地震による山崩れによってできたといわれています。

その際大小33の湖沼ができましたが崩山から眺めると12の湖沼が見えたことから十二湖と呼ばれるようになりました。 青池のブルーは完全に自然が作り出したもので、なぜここまで鮮明な青色に見えるのかはいまだに解明されていないそうです。

ドローン空撮のポイントとしては、天気の良い日の日中が一番オススメです。

晴天時では水面に木々が反射して映って見る角度や場所によって全く違った雰囲気になり、 池の一部に太陽の光が当たることによって影の部分とは対照的に暗明ができ、コバルトブルーに輝き見とれてしまうほど美しいので ぜひ映像に収めてみてください。

飛行禁止エリアではありませんが、木々も多いのでドローンの操縦には十分ご注意ください。 また冬場は池と陸地の境界がわかりずらい場合もありますので転落等にもお気を付けください。

青池
出典:NEVERまとめ

1−6.尻屋崎

  • 景観5段階評価  3
  • 時期   年中
  • 時間帯    晴天時日中 
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県下北郡東通村

尻屋崎(しりやざき)は、青森県下北郡東通村にある下北半島の北東端をなす岬で、あたり一帯には寒立馬(かんだちめ)という馬が放牧されており 近くには日本最大級の明るさを誇り「日本の灯台の父」と称されるブラントンによって設計された尻屋埼灯台があります。

ドローン空撮のポイントとしては日中の撮影がおススメです。目線ほどの高さでドローンを飛行させれば、 一面に広がる草原と馬、背景には白亜の尻屋崎灯台と広大な太平洋が望める素晴らしい景観が撮影できること間違いなしです。

ドローンの飛行に問題はありませんが、海から強風が吹くことがありますのでドローンの操縦には 十分ご注意ください。

尻屋崎
出典:尻屋崎・親子ほのぼの寒立馬

1−7. 浅所海岸

  • 景観5段階評価  5
  • 時期      年中
  • 時間帯     朝 日中  夕方
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所  青森県東津軽郡平内町浅所

浅所海岸(あさどころかいがん)は夏泊半島の東側付け根にある遠浅の海岸で古くから白鳥渡来地として知られ、 冬場(10月中旬~3月下旬まで)は700~800羽ほどの白鳥を見ることができます。

国の特別天然記念物「小湊のハクチョウおよびその渡来地」に指定されています。 また、渡橋から松島・小松島へと渡れ景勝地としてもしられています。 ドローン空撮ポイントとしては、雷電岸から松島方面へむけての撮影飛行がおすすめです。

特に明け方は冬場であれば朝靄が朝日に照らされて美しく、シーズン中であれば白鳥も撮影できるので、 タイミングがよければ白鳥と一緒に飛行する映像も撮れるかもしれません。

原則的に飛行禁止エリアではありませんが、注意点として白鳥の渡来シーズンではドローンとの接触事故等も 考えられますので、お出かけの前に関係各所へ確認をされたほうが良いかもしれません。

浅所海岸
出典:PHOTOHIRO

1−8. 鋳釜崎

  • 景観5段階評価  5
  • 時期       年中
  • 時間帯 朝 日中 夕方
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県今別町

鋳釜崎(いがまさき)は、津軽海峡に面した今別町にある岬で、展望台からは荒々しい北海の 岸壁やローソク岩に代表される奇岩などが多く点在し、年間を通して海水浴や磯遊び、釣りなどを楽しむ観光客が 多く訪れます。

また付近には幕末勤皇志士の師として有名な吉田松陰が若き日に視察で訪れた道のりが観光路となっており、 歴史好きの方には一度訪れてみたい場所ではないかと思います。

ドローン空撮のポイントとしては展望台下にある朱塗りの「潮騒橋」と「渚橋」がオススメで、 この橋は少し沖の岩場まで続いていて満潮時には波間に隠れてしまうような場所にあり、打ち寄せる波の 迫力の映像が撮影できることと思います。

天候の良い日には龍飛崎や北海道までも見渡せる絶景スポット ですのでぜひ足を運んでみてください。 飛行禁止エリア外ではありますが、波の荒い日などは海への転落の恐れもありますので、 撮影の際には十分にご注意ください。

鋳釜崎
出典:
海と日本in青森県

1−9仏ヶ浦

  • 景観5段階評価  5
  • 時期        年中  
  • 時間帯     朝 日中 夕方
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県下北郡佐井村

仏ヶ浦(ほとけがうら)は青森県下北半島西岸の下北郡佐井村南部に位置する下北半島を代表する観光名所です。 約2kmに渡り海岸線沿いに仏像を思わせる白緑色の奇岩が連なっています。

天然記念物にも指定されており、 それぞれ如来の首、五百羅漢、一ッ仏、 親子岩、十三仏、観音岩、天竜岩、蓮華岩、地蔵堂、極楽浜などの 浄土に由来する名称がつけられています。

津軽海峡の荒波と厳しい風雪によって長い年月をかけて作られた仏ヶ浦の造形は目にした瞬間、 その壮大なスケールと神秘的な景観に圧倒されてしまう程の迫力があります。

ドローン空撮のポイントとしては、極楽浜近くにある五百羅漢から飛行させるのがおすすめです。 断崖絶壁の大岩から飛行させて天龍岩まで撮影すれば仏ヶ浦特有の巨岩群が余すところなく映像に 収められるかと思います。

注意点としては、海が近いので滑落・転倒などには十分注意してください。

仏ヶ浦
出典:オリックスレンタカー

1−10 蔦沼

  • 景観5段階評価 5
  • 時期       年中
  • 時間帯    朝 日中  夕方
  • 国交省許可申請   不要
  • 住所 青森県十和田市

蔦沼(つたぬま)は蔦温泉旅館の裏手にある新緑と紅葉の名所で、真っ赤な紅葉が朝焼けに染まり、まさに燃え上がるような絶景です。

蔦七沼と呼ばれる7つの沼で構成されており、蔦沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼、少し離れた場所にある赤沼からなっています。 ドローン空撮のポイントは、蔦七沼の中でも一番の面積を誇る蔦沼からの映像です。

蔦沼最大の特徴はなんといってもその反射率の高さで、夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪景色が日中の陽に照らされて 湖面いっぱいに映し出され、感動するほどの美しさが「日本のウユニ塩湖」ともいわれています。

冬季のシーズンでは水面を低空で飛行させれば湖面一面に広がる美しい雪景色が撮影できることと思いますので、 ぜひ一度訪れてみてください。 飛行禁止区域ではありませんが、周辺には商業施設もありますのでドローンの操縦には 十分ご注意ください。

蔦沼
出典:TABI LABO

2. 青森のドローン空撮スポットまとめ

青森県内のドローン空撮おすすめスポットは、十和田市や西津軽周辺の山々や池などと下津軽付近の海沿いがドローン空撮には、良いスポットとなっております。

冬になると、雪景色も美しく神秘的で芸術のような撮影が可能となっております。また春や秋の花見や紅葉のシーズンでの撮影も良いかと思います。季節を問わず空撮ができるのも特徴です。

冬の撮影では、大雪での遭難や雪崩にも注意の上、怪我等には十分注意頂き、ドローン空撮を楽しんで頂きたいと思います。

以上青森県内のおすすめドローン空撮スポットでした。青森県内でのドローン空撮のご参考になれば幸いです。

3. 他県のドローン空撮スポット10選

各県のドローン空撮スポットをまとめています。撮影の際の参考にご活用ください。

3-1. 岡山県

知る人ぞ知る!岡山のドローン空撮スポット10選。

3-2. 広島県

知る人ぞ知る!広島のドローン空撮スポット10選。

3-3. 山口県

知る人ぞ知る!山口のドローン空撮スポット10選。

3-4. 鳥取県

知る人ぞ知る!鳥取のドローン空撮スポット10選。

3-5. 鳥取県

知る人ぞ知る!島根のドローン空撮スポット10選。

3-6. 香川県

知る人ぞ知る!香川のドローン空撮スポット10選。

3-7. 愛媛県

知る人ぞ知る!愛媛のドローン空撮スポット10選。

3-8. 兵庫県

知る人ぞ知る!兵庫のドローン空撮スポット10選。

3-9. 高知県

知る人ぞ知る!高知のドローン空撮スポット10選。

3-10. 徳島県

知る人ぞ知る!徳島のドローン空撮スポット10選。

3-11. 大阪府

知る人ぞ知る!大阪のドローン空撮スポット10選。

3-12. 京都府

知る人ぞ知る!京都のドローン空撮スポット10選。

3-13. 奈良県

知る人ぞ知る!奈良のドローン空撮スポット10選。

3-14. 和歌山県

知る人ぞ知る!和歌山のドローン空撮スポット10選。

3-15. 石川県

知る人ぞ知る!石川のドローン空撮スポット10選。

3-16. 滋賀県

知る人ぞ知る!滋賀のドローン空撮スポット10選。

3-17. 三重県

知る人ぞ知る!三重のドローン空撮スポット10選。

3-18. 富山県

知る人ぞ知る!富山のドローン空撮スポット10選。

3-19. 福井県

知る人ぞ知る!福井のドローン空撮スポット10選。

3-20. 群馬県

知る人ぞ知る!群馬のドローン空撮スポット10選。

3-21. 山梨県

知る人ぞ知る!山梨のドローン空撮スポット10選。

3-22. 神奈川県

知る人ぞ知る!神奈川のドローン空撮スポット10選。

3-23. 東京都

知る人ぞ知る!東京のドローン空撮スポット10選。

3-24. 千葉県

知る人ぞ知る!千葉のドローン空撮スポット10選。

3-25. 埼玉県

知る人ぞ知る!埼玉のドローン空撮スポット10選。

3-26. 栃木県

知る人ぞ知る!栃木のドローン空撮スポット10選。

3-27. 茨城県

知る人ぞ知る!茨城のドローン空撮スポット10選。

3-28. 新潟県

知る人ぞ知る!新潟のドローン空撮スポット10選。

3-29. 福岡県

知る人ぞ知る!新潟のドローン空撮スポット10選。

3-30. 大分県

知る人ぞ知る!大分のドローン空撮スポット10選。

3-31. 長崎県

知る人ぞ知る!長崎のドローン空撮スポット10選。

3-32. 宮崎県

知る人ぞ知る!宮崎のドローン空撮スポット10選。

3-33. 鹿児島県

知る人ぞ知る!鹿児島のドローン空撮スポット10選。

3-34. 沖縄県

知る人ぞ知る!沖縄のドローン空撮スポット10選。

3-35. 青森県

知る人ぞ知る!青森島のドローン空撮スポット10選。

3-36. 北海道

知る人ぞ知る!北海道のドローン空撮スポット10選。

4. 関連記事一覧

ドローン空撮を依頼する際のポイントをまとめています。ご依頼の際の参考にご活用ください。ドローン空撮.comは全国のドローン空撮会社をご紹介しています。

4-1. ドローン空撮会社の選び方

クライアントの96%が得をした。ドローン空撮会社を選ぶ7つのチェックポイント。

4-2. ドローン空撮料金の内訳

知らないと絶対に損する。ドローン撮影料金の内訳を5社徹底比較。

4-3. ドローン飛行許可申請方法

サルでもできる!ドローンの許可を取得する3ステップ

電話ボタンメールでの問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加